LOG IN

Moto guzzi V7 は旅の相棒に最高だった

by azumaru

6年間お世話になったVRXを手放し、2ヶ月前にMoto guzzi V7 に乗り換えました。

人生初の大型車。
人生初の外車。
人生初の3桁買い。

憧れだった縦置きVツインはこれまでのバイクライフとはまた違う世界を見せてくれています。

というのも、購入した車両にはメーカー純正のサイドバッグがついていました。(もちろん購入前にチェック済)
写真で見るよりも大きかったサイドバッグはまるで「遠くへ運んであげるよ」と言ってくれてる気分に。

実際、22Lの大容量タンクに23~25km/Lの低燃費で500km近くは走れるので首都圏であれば山形や愛知まで一気に走れます。

さらに排気量も十分あるので高速道路でタンデムしても100km巡航が快適にできます。
縦置きの特徴なのか、80~90kmで走るより100kmの方が振動が細かくなり穏やかに走れます。

個人的かもしれませんが、縦置きではみ出たエンジンとタンクの形状的に脚にあまり風が当たりません。走行風の疲労が少ないのは長距離を走れる大事なポイントです。

サイドバッグと広いタンデムシートのおかげで荷物がたくさん積めるので、長年の夢だったキャンプツーリングに最近ハマってます。
新潟、静岡、山形でキャンプしてきたのでそれはまた別の機会に。

VRXに引き続き、V7もゆったりとしたバイクですが今まで以上に遠くへ行けそうな気分です。
今度はどこへ行こうかな。


azumaru
OTHER SNAPS