LOG IN

ぷらっと秩父 ~総距離200kmを楽しむ~

by azumaru

こんにちは、アズマルです。
前回の記事に引き続き、秩父で観光したいスポットをメモとして残します。

ちなみに前回の記事はこちらです。それでは早速本題へ。

前回できなかったこと

  1. フォレストアドベンチャーで遊ぶ
  2. 川下り
  3. SLを見る
  4. 市街地を散策
  5. ライダー弁当を食べる
  6. 冬に行く

前回は蕎麦打ちや三峯神社などメジャーな秩父を体験しましたので、今回は少しディープな秩父を楽しみたいなと。時間があればもちろんそば作ったりわらじカツ丼食べたりしたいです。(メシばっか)

フォレストアドベンチャー

秩父駅から西側へ車を走らせて15分、秩父ミューズパークにある体験型レジャー施設。調べて分かったのは秩父に限らず全国にあるということ。あくまで事業の1つとして各地に展開しているみたいです。

難易度が分かれていてどのコースもかなり人気のようです。発祥の地、フランスの安全基準に則っており安全面もバッチリ。そのため家族連れが多くここで1日中遊ぶことも。

中でも注目なのはターザンスイングで、腰のハーネスをワイヤーに括り付けて木から木へ飛び移るというワクドキが止まらない人気アトラクション。

秩父のフォレストアドベンチャーは国内最大級らしいので、ここは絶対行きたいところです。

長瀞 (ながとろ)・川下り

実は前回体験しようと実際に行ったのですが、あまりの人の多さとスケジュール的に断念…。通年を通して人気らしく、特に紅葉の時期は車で来たら阿鼻叫喚の渋滞地獄にハマるそうです。そうでなくても週末や祝日などは混みがちになるので、以下2つの対策が有効です。

おそらく最も有効なのは事前予約で、電話で予約可能なのでオススメです。(前回は甘く見ていて予約してませんでした…)

A/Bどちらかのコースもしくは両コースの体験が可能で前者は1コース1,600円、後者は3,000円というお値段です。両コースは特に人気でチケットも中々取れないため、自分が行くときはどちらかのコースでいいかなという感じです。

肝心の場所ですが長瀞は秩父から少し離れていて、国道140号線を北へ車でおよそ30分。川下りの受付自体は長瀞駅からとても近いため電車で行くのが無難かもしれません。

SLパレオエクスプレス (秩父鉄道)

都心から最も近くで乗れるSLとして人気で、カメラ・鉄道好きな人が数多く訪れるそう。平日はあまり運行しておらず、土日祝に熊谷 (くまがや) ~ 三峰口 (みつみねぐち) を10~16時で1往復します。先ほどの長瀞や秩父ももちろん通過し、11~15時に滞在していればお目にかかれるかも!

僕はいわゆる「鉄ちゃん」ではありませんが、レトロな駅や電車に魅力を感じます。長距離ツーリングのときも周辺に該当するものがあればほぼ駅に立ち寄ります。いつかのツーリングのためにこのブログでレトロな駅や電車をまとめるのも…アリだなぁ。

レトロ電車あるあるですが、SuicaやPASMOなどが使えないことが多く今回のSLも例外ではありません。そのためご乗車の場合は現金をある程度持っていきましょう。

秩父・仲見世通り

と、ここで悲しいお知らせ…

2016年5月30日現在、複合型温泉計画リニューアル工事に伴い、西武秩父仲見世通りは全店舗の営業を終了しました。現在は一部商品や土産物を臨時売店にて販売しております。
西武鉄道ホームページ

なんと2ヶ月ほど前に仲見世通りは全店営業終了とのこと!これはどうしようもないと思いきや、実は改装工事中らしく来年の春に複合型温泉施設としてリニューアルするようです。わらじカツ丼はどこか違うところで探そうかな…。

ここで少し気になったのが仲見世通りという言葉。浅草にも仲見世通りがあるのでもしかしたら何かしらの基準を満たした通りの総称かな?と思いググってみると「神社やお寺などの境内にあるお店のこと」という定義が見つかりました。浅草や秩父もお店が並んだ先に社寺があるので両方とも仲見世というわけですね。

ライダー弁当を食べる

そして…ここでも悲しいお知らせが。

昨年、一昨年と人手不足により4月から8月の間は、土・日曜日のみ営業してまいりましたが、今年は残念ながら土・日曜日も営業できない状況になり、2月28日(日)をもちまして暫く休業いたします。
バイク弁当の大滝食堂

なんということでしょう。

僕のやりたかったことはこの記事を書いた時点で早くも2つができなくなりました。

人手不足による不景気の煽りがここにまで…もはやバイク産業どころが〜の騒ぎではありませんね。Webサイトには「アルバイト・パート募集」と書いてありますので、ご興味ある方は履歴書を持ってツーリングに行きましょう。バイクで行けば面接が有利に進む…かも?

冬の秩父

秩父最大級のイベントは何と言っても冬。とても珍しい冬のお祭り秩父夜祭があります。

秩父夜祭は日本三大美祭として有名らしく、300年前から行われているそうです。毎年12/2~12/3に行い、3日の夜には冬の澄んだ空を花火が埋め尽くします。今年の冬はぜひ行きたい!

また、1月上旬~2月下旬ごろには三十槌の氷柱 (みそつちのつらら) という氷の芸術が見れるらしいです。

道が凍結してる恐れがあるのでさすがにバイクでは厳しそうです。先ほど紹介したSLの秩父方面の終点「三峰口」から観光バスが出ているようなので、つららを見に行くときは安全重視でバスで行きます。

ちなみにライトアップもあるそうで、その期間は大滝氷まつりと呼び、周辺には露店などで賑わっているそうです。秩父は冬でも元気ですね!

最後に

とにかく自分の行きたいところ・やりたいことを列挙しました。一部しばらく行けそうにない場所もありましたが、観光地としての発展や現実を垣間見た気がします。ただ、決して悪い意味ではなく姿形を変えながらもずっと観光に注力するのは訪れる人にとってはありがたいし嬉しいことです。

何より秩父がグッと近くなったのがとても嬉しく、仕事終わりにバイクで「日帰り金よるツー」もできそうです。引っ越し前はよく江ノ島に繰り出してたけど、潮風による洗車回数の増加とちょっと排気音の大きいバイクに乗るお兄さんが多いのでその心配が無くなった (?) のも大きいです。

季節や時間をあまり気にせず、ふと思ったときに「ぷらっと」行こうかなと思います。


azumaru
OTHER SNAPS