LOG IN

引っ越しについて

by azumaru

初めまして、アズマルです。
これからブログサービス「g.o.a.t」で趣味のことや仕事・私生活などの出来事をつらつらと書こうと思います。

早速ではありますが、このブログを始める1ヶ月前から引っ越しの準備をしてましたので、まずはそのことについて。

そもそも引っ越しは本当にするべき?

「引っ越す」と言いながら初めのテーマがやや奇妙ですね笑
でも、これはけっこう大切なこと。

もし今の家の不満が多少の工夫で解決できるなら、引っ越しは見送るべきだと思います。

などなど、常日頃の不満ほど実はちょっとしたことで解決できます。

どうしても難しいときは引っ越そう

とは言っても、日々の不満が溜まり溜まって…

仕事が手につかない!

夜なかなか眠れない!

奥さんご機嫌ななめ!←これ最終警告

では本末転倒ですよね。

我が家の場合、僕の勤め先が移転すること。奥さんの就職先が今の家から遠いこともあり引っ越しを決意しました。

まずは物件を見つけよう

最近はWebで色々な物件を探すことができます。その気になれば家から一歩も出ずに次の新居を決めることだってできます。

実際に僕が見てたWebサイトは以下の4つ。

  1. R-STORE ... ほとんどこのサイトばかり眺めてました。お洒落な物件が多くスマホでも見やすいのがポイント。検索条件も細かく指定できます。
  2. goodroom ... こちらもお洒落な物件多め。リノベーションの物件が多いのでタイミングが合えば掘り出し物件が見つかる事も!?
  3. early-age ... 物件数自体はそこそですが、バイク置き場付きの物件が多いのが魅力。でもどちらかというと単身向け。
  4. HOME'S ... 物件登録数最大級!ここで見つからなければ今回は諦めましょう。

最終的にこの中で新居を決めたのは実は4番の「HOME'S」です。

せっかくの引っ越しなのになぜ無難な (失礼) HOME'S なのでしょうか?
その理由を大きく2つ、お伝えします。

物件の掲載数が多い

やはりこれに尽きます。

どれだけお洒落な物件を取り揃えていても、母数が少ないとその分心に響く確率も低いです。
エリアによっては1~3番で決めることも十分可能ですが我が家が検討していたエリアではHOME'Sがダントツでした。

希望条件が細かく指定できる

これも大事なポイントだと思います。

2人以上で暮らす場合、育ってきた環境が違えば価値観もちがうもの。
そうなると必然的に希望条件は増えていきます。

ただし、最初からガチガチに指定すると実は好条件な物件を見逃す機会もあります (Webサイトに掲載されてる情報と違うことは良くも悪くもけっこうあります)。
そのため最初はなるべく少なめに、2~4つぐらいで抑えるのがベストだと思います。

ちなみに我が家の希望条件は、

最後の項目だけは完全に僕のワガママですが、希望条件 = 現状の不満 であることがほとんどかと思います。

結局、何を見ればいいの?

手っ取り早く探すのであれば HOME'S など掲載数の多いサイトが一番です。
ただ、個人的にはお洒落な物件を掲載しているサイトから見ることをオススメします。

お洒落な物件サイトを眺めることでまず「自分の住みたい家」をイメージしやすくなります。

そこから HOME'S などでたくさんの物件を比較することで「どこが妥協できるか」をだんだん明確にできます。

極論、物件探しは何かしら妥協しなければなりません。
人によって妥協できるポイントは違いますがそこで生活する以上、まずは見た目から入るのもアリかなと僕は思います。

拙い長文になりましたが、記念すべき1記事目はひとまずこれにて。
次回以降で不動産や引っ越し業者、そして東京のバイク置き場事情について書いていきたいと思います!


azumaru
OTHER SNAPS