LOG IN

いろいろなねこ

by azumaru

9/18 に東京駅でねこ休み美術館という展示イベントがありました。
僕は昔からねこ派です。
なのでこれを抜け駆けして見てきた奥さんが許せず、次の日に2人で見に行きました。

この記事の背景画像は全て展示物ですが、撮影・拡散OKとのことでしたのでブログで存分に活用させてもらいます。
早速見ていきましょう。



まずは一番撮影されてた人気作品
癒し以外の何物でもない

普段のねこには不要なはずのリボンとエプロン
それを敢えて身につけさせる
よりかわいく見せるために


いや、


自分がよりかわいく見えるために


もしそう考えてたとしても
これは認めざるを得ません

カーテンを必死に掴もうとするねこ
一瞬を切り取った静止画だけど
きっと、必死に手を動かしていたんでしょう


しゃかしゃかしゃか…


そう思うと
この後ろ姿がとてもたまらない
ねこはどこから見てもかわいい

もちろん正面の顔もいい

昔はお昼時の、ねこの細い目が苦手でした
でも今見るとキリッとしててかっこいい

このねこは通称「くつしたねこ」
見かけるといいことがあるのだとか



顔は凛々しく
でも所々にある白い毛がそれを和ませる
この写真が展示会で一番のお気に入りです




これはもう反則

こうやって並べてみると、自分が好きなねこのタイプは

いわゆる「こどもねこ」が好きなんだなぁということが分かりました。

もちろんどんなねこも好きですが、その中でも特に好きなタイプが改めて把握できました。
これからのねこ観察の新たな指針となりそうです。



それでは、今週も頑張りましょう。




azumaru
OTHER SNAPS