LOG IN

かわいいを知る

by azumaru

こんにちは、アズマルです。
前回の記事で「かわいいものが増えた」と書きましたが、今回はそれをもう少し詳しく書きます。

まずカバー画像にもいる、まるっこいコレ↑は「もにまるずという癒しグッズです。

もにもにという聞いたこともない擬音でイメージされた柔らかい動物の人形です。昔ウシをにぎるとう◯こが飛び出る人形がありましたが、それと同じような感じです。ちなみにこの子たちは実は出ません。

独特なフォルムと触り心地が人気で「最近できたグッズなのかなー」と思ってたら2010年ごろから発売しているようで意外とロングセラーです。

ある日奥さんが買ってきてからというもの、その可愛さに魅了され翌日2匹ほど追加購入しました。

ちなみに地元の友達にもお土産ということで後日5匹ほど購入することに笑

ハンドメイドなので微妙に個体差があり、ベタつき防止のベビーパウダーが多めにふりかかってたり、柔らかさにも違いがあるようです。我が家では青いアザラシが一番もにもにしています。



あとはオフィスを移転するとき、里親を募集していたぬいぐるみがいたので1体だけ引き取りました。

それがこれ

無名のぬいぐるみかと思ったら「かものはしかも」というれっきとしたキャラクターでした。
頭上にゴムひもがついてたので、なんとかしてリュックにくくりつけました。

電車乗ってるときに見られてるとか分かりませんが、これと目が合えばちょっとほっこりするかなぁと思い今でもずっとつけています。


ちなみにもにまるずはサンリオ製で、かものはしかもはサンエックス製です。

東京駅で期間限定SHOPがありました。今もあるのかな? 何も買ってないけど。


で?

ここまで読んでくださった方はこう思うでしょう。

いい歳して何やってるの、と。(実際、友達に言われました)


ただ、これには僕なりの理由がちゃんとありまして。

急に目覚めた!
とか、
癒しを求めて…
ではありません。


デザインに趣味や嗜好を押し付けない

なんか突然マジメな話ですが、これが主な理由です。

いろいろなジャンルのデザインを手がけるのも難しいですが、万人にウケるデザインを手がけるのも難しいです。特に後者はここ1年でとても思い知らされました。

自分の好きなことばかりやずーっと同じことをして生活していると、いざデザイン作業に取り掛かるときどうしてもその影響が出ると僕は思います。
フォント選びや配色、イメージ画像や余白など何かしらに、無意識のうちに出てしまう。
なぜならデザインは自分の見たもの・経験したことの中からイメージするから。

だからデザインの引き出しやテイストが偏らないよう、今まで通らなかった世界を知ろうとしました。
その結果なにか変わったかと言われると正直分かりません。

それでも無意識なところで「なにか」は変わってるんじゃないかなぁ、そうだといいなぁと思ってます。


だけど下心ありきでかわいいものを集めているわけではありませんよ。
前からすみっこぐらしは好きなので、LINEのスタンプとかで愛用しています。
すみっこぐらしはサンエックスなので、僕はサンエックス派です。

まだ東京駅に期間限定でオープンしてるかも
まだ東京駅に期間限定でオープンしてるかも

azumaru
OTHER SNAPS